上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

--.--.-- / Top↑
先週のケーキクラス


TART CHOCOLAT ET CAPPUCCINO


           DSC08067.jpg


コーヒー味のガナッシュのタルト
ヘーゼルナッツのプラリネ入りのクリームの下には、フィヨンティーヌショコラが隠れています


EIGELBMAKRONEN




          DSC08062.jpg


パートダマンドと卵黄でつくったマカロンです
テンパリングしたチョコを付けて・・・






K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

スポンサーサイト
2015.01.19 / Top↑
先日東京の友人に頼まれこんなものを作ってみました

ハロウィンのアイシングクッキーです
たまには遊んでこんなものも作ります


          DSC07290.jpg


この顔は・・・sakekoさんのイメージで~lol


あとはいろいろな人を思い浮かべながら~~なんてね



          DSC07288.jpg


30種類の顔になりました
キット私がこの顔のモデルです~~~って方いらっしゃるかもlol


           DSC07285.jpg



K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

2014.10.15 / Top↑
小学生パティシエ選手権が今年10回目を迎えたということで、姪のエリがインタビューを受けました
22日の夕刊に載ったのですが、日にちを知らされていなかったため、
朝日を購入することができず、東京の友人から送っていただきました


記念として1回目からの優勝者のケーキの写真も掲載されました


            IMG_00011.jpg



エリは4回目のチャンピョンなので、もう6年もたつのかと・・・しみじみ。。
優勝賞品のパリ旅行一緒に行かせてもらいましたが、駆け足のような旅だったので、
本人は今度はもっとゆっくりしたいと言ってます
高3になったので小6の時とはまた行きたいところが違っているのでしょうね~


優勝者のその後・・・ということで電話取材を受けたのですが、歴代全員の記事が載っているのかと思っていたら、
エリ一人だけでした。頂いた新聞を見てびっくりしました


          IMG2.jpg



2年ほど前に引っ越していたので、連絡不能だったところ、
夏休のシュガーアート協会コンペの表彰式で、ノリエットの永井シェフと再会
エリのこと覚えていてくださって、シェフのおかげで今回の取材していただける運びとなったわけで・・
人との出会いやつながりも、運やチャンスにつながるので、大事にしなくてはとつくづく思いました

つなげてくださった永井シェフ、そして間に入って連絡くださったシュガーアート協会の役員の方有難うございました。






K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

2014.09.29 / Top↑
先週木曜の出張ケーキクラス




MOUSSE AU FROMAGE MYRTILLES


              DSC01238.jpg



ブルーベリーのムースとチーズのムースの2段重ね。
中にもホールのブルーベリーがいっぱい詰まっています



CACK NOIX




             DSC01235.jpg



胡桃たっぷりの焼き菓子です
オリーブオイルとともにペーストにした胡桃と刻んだ胡桃がたっぷり入っています



ソフトなケーキなのですが、2~3日置くと中のラムレーズンがおいしくなじんできます




このメニューはケーキ教室を始めたころの初期のメニュー
何年振りかしら??このケーキの講習するの。。。



おいしいケーキは何年たってもやっぱりおいしいですね~








K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

2013.06.17 / Top↑
4月27日 東京の「リプトン・ティ・スクール・銀座」で開催されたプディングクラブの講座を受講しました

イギリスのプディングには400年もの歴史があるそうです
ところが現代のイギリスでは伝統的なプディングが徐々に暮らしから縁遠いものになってきて、パブやレストランのメニューから消えて行ったそうです

それではいけないと愛好家が集まって結成されたのが
「プディングクラブ」

コッツウォルズのミケルトン村(チッピングカムデンの少し上あたりの村)にある「スリーウェイズ・ハウス」を拠点に活動を開始したそうです。


このプディングクラブのイベントは、毎週金曜日の夜、スリーウェイズ・ハウスで行われ、
季節によって異なりますが7種類のプディングが供されます。


イギリスでは、コース料理で最後に出されるデザートのことをプディングと呼びます。
その調理法はゆでる、蒸す、焼くとさまざまで、夏にはべりー類をたっぷり使ったサマープディング
冬にはどっしり重厚なクリスマスプディング、アップルクランブルなどあります。


私がこのプディングクラブの存在を知ったのは、イギリス留学中に本屋で見つけた1冊の本からでした。


              DSC00286s.jpg



一番手前の本がそれです
表紙の魅惑的な写真にそそられて、買ってしまったのですが、中には写真とともにレシピがいっぱい載っていました
講座が開かれるということで、久しぶりに本棚をさがして開いてみました


そして今回新しい本が発売されました。内容を見てみると・・・
また違うレシピなども載っていて、こちらも購入しました
写真の左側のものです


この日の講座は3種類のプディングの作り方のデモストレーションと、もう一品
全部で4種類の食べ比べでした



DSC03507.jpgDSC03508.jpg


赤いフルーツをたっぷり使ったサマープディングを作っているのが代表のサイモン・クーム氏です


            DSC03520.jpg


このプディングは留学中から作ってみたいと思っていた一品です
鮮やかな赤が食欲をそそります


そして・・・アップルクランブル 



            DSC03513.jpg


これは留学中ホームステイ先で庭のリンゴを使ってよく作りました。
夏には庭のベリー類を摘んで、赤い実のクランブルも作って食べました
とっても懐かしい味です


シロップ・スポンジ・プディング

             DSC03514.jpg


ゴールデンシロップを使ったプディングです


そして最後は レモン・カード・スポンジ・プディング


             DSC03516.jpg


レモンカードはイギリスではよく食べられるものです
普通に瓶詰めも売っているほどです。家庭でも普通に作り、タルトなどに詰めて食べました
酸っぱさが夏には爽やかでいいですね~



           DSC03517.jpg


4種類のプディングの試食の後、どれが好みだったか聞かれましたが・・・
私はやはり懐かしいクランブルとレモンカードのかな~


               DSC03518.jpg


久しぶりにイギリス人ご夫妻のイングリッシュ・ジョーク交じりの話を聞き、やっぱりイギリスが好きだ~~と思った私です。


そして、これから2冊の本からいろいろプディング試してみて、講座のメニューに加えたいと思います
皆様お楽しみに~♪


スリーウェイズ・ハウスのイベントにもぜひ参加してみたいと思います
いつか行けるかな~~でも・・・7種類は食べきれない気がするlol




K's Studio ホームページ はこちら
日々のつれづれブログ Soddisfazioneお・い・し・い~っ♪ はこちら

2013.05.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。